公開日: |更新日:

オール電化住宅を建てるには

オール電化住宅とは

住宅内には、キッチンやお風呂、空調や家電などのさまざまな設備があります。これらの設備を全て電力で稼働させている住宅がオール電化住宅です。従来のつくりではキッチンやお風呂はガスを使用するのが一般的でしたが、オール電化住宅ではそれらも電気で賄うようになっています。

オール電化の種類

IHクッキングヒーター

オール電化というと思い浮かべる人も多いのがこのIHクッキングヒーターです。火を使わないのでキッチンが熱っぽくなりにくく、不完全燃焼による一酸化炭素中毒も起こりにくいのが特徴です。また、タイマー機能やボタンひとつで温度を設定できる機能などもあります。

給湯システムは電気温水器・エコキュート

オール電化住宅では、給湯システムもガスや灯油を使いません。主に電気温水器やエコキュートを用いることで、オール電化を行っています。

なお、電気温水器はヒートポンプによって空気中の熱を集めてお湯を沸かしているのに対し、エコキュートは電熱ヒーターでお湯を沸かしています。

暖房はエアコン・蓄熱式ヒーター・床暖房

オール電化住宅では、エアコン、蓄熱式ヒーター、床暖房などが主な暖房システムとなります。最近のエアコンは高性能なものが多くなっており、省エネになるものも増えています。また、蓄熱式ヒーターは、電気料金の安い深夜に溜めておいた熱を日中に使用するので、上手に利用することで電気代を抑えられるでしょう。

オール電化のメリット

光熱費が安くなる

オール電化の代表的なメリットは、光熱費を削減できることです。ガスと電気を併用しているとそれぞれに料金がかかります。しかし、オール電化にして料金を電気のみにまとめると基本料金を一本化できるので、その分光熱費を安くできるのです。

火災のリスクが低い

オール電化住宅では火を使わないので、火災のリスクが低くなるというメリットがあります。また、同じ理由から燃焼による二酸化炭素も発生しないので環境にも優しく、空気もきれいな状態で過ごすことができるのです。

オール電化のデメリット

日中の電気料金が高くなる

オール電化住宅にするなら、たいていの場合電気料金が安くなる夜間料金プランに入ることになるでしょう。しかし、夜間料金プランには日中の電気料金が高くなるというデメリットがあるのです。学生や働いている人が多い場合は日中に使う電気は少なくて済みますが、日中でも家に人がいて多くの電気を使うような家庭の場合は、オール電化にするとかえって電気料金が高くなってしまうこともあるでしょう。

導入コストが高い

オール電化住宅では光熱費を削減できますが、反面導入コストが高いことがハードルとなります。エコキュートや電気温水器などの設備本体の料金はもちろんのこと、設置費用や電気工事などの付帯料金がかかるので、総合的な工費はかなりの額になるでしょう。

一宮市注文住宅会社3

当サイトで紹介している注文住宅メーカーの中から口コミ評価での評判がいい一宮に対応している一宮市の工務店3社を厳選しました!

Google口コミの評価が5.0中4.0以上の評価を得ている一宮市の施工に対応している注文住宅会社で、施工費用を明記している3社を比較しています。施工価格が安い順に各社の特徴を紹介しているので、注文住宅会社選びの参考にしてみてください。

ZEHが標準装備!家計に優しい省エネ住宅を建てられる!
1,760万円~
標準設備数:12
口コミ評価:4.1(33件)
何年たっても「建ててよかった」と思える家
2,194万円~
標準設備数:10
口コミ評価:4.6(11件)
自分らしさを実現する、色褪せない家づくり
3,600万円~
標準設備数:8
口コミ評価:4.6(5件)

※2021年12月の調査情報を元にしています。
※口コミ評価の()内の数字はGoogle口コミの投稿数です。