公開日: |更新日:

ZEHとは?注文住宅のスタンダードについて

注文住宅でも省エネを取り入れたいと考えている人が増えています。そこで候補となるのがZEHです。ここでは注文住宅のスタンダードとなりつつある「ZEH」について、メリットやほかの住宅との違いをまとめています。

ZEH住宅とは?

ZEHとは国が定めた規格です。
Net Zero Energy Houseの頭文字からZEHと呼ばれているもので、2030年のスタンダードです。2030年には、ZEHが特別なものではなく、住宅の標準的な装備となっているようにとの考えの元で策定された基準となっており、高断熱と再生可能エネルギーの組み合わせによる省エネを実現した、環境に優しい住宅です。
環境問題への取り組みの一環として、ZEHの普及が促進されています。

ZEH住宅の種類と違い

ZEH(ゼッチ)

ZEHとは断熱と省エネによって、省エネルギー率を20%以上に、再生可能エネルギーによる「創エネ」を含んだ省エネ率を100%以上にする住宅です。

Nearly ZEH(ニアリー ゼッチ)

断熱と省エネによる省エネルギー率が20%以上ですが、創エネを含む省エネ率は75%以上と、ZEHよりも下回る住宅です。

ZEH Oriented(ゼッチ オリエンテッド)

断熱と省エネによる省エネ率は20%、創エネに関しては問われておらず、再生エネルギーを導入する必要がありませんので、あくまでも断熱と省エネのみの住宅です。

ZEH住宅のメリット

補助金がもらえる

ZEHは国が普及促進に力を入れていることから、基準を満たしていると補助金が支給されます。こちらはほかの補助金同様、枠が用意されていますが、創エネの量によっても補助金が変わるため、補助金額については確認が必要です。

光熱費用を抑えられる

ZEHは高断熱であり、かつ創エネとなっていることから、光熱費用の抑制が可能です。ZEHではない家屋と比較すると、高断熱であり、かつ創エネによって自らエネルギーを創出することから空調使用量の抑制効果が期待できます。

ZEH住宅のデメリット

費用が高くなる

ZEHは高断熱と創エネの組み合わせだと考えられますが、それらは勝手に実現するものではなく、設備を用意することで実現するものです。つまり、設備費用がかかりますので、ZEH以外の住宅よりも費用が高くなりやすいです。

デザインに制限がかかることも

高断熱と創エネのための設備が必要になりますので、デザインも自由自在とはいきません。例えば屋根には太陽光発電が必要になりますので、太陽光発電を設置できないデザインの屋根を希望している場合、ZEHかデザイン性の高い屋根のどちらかを諦めなければなりません。

まとめ

ZEHは新しいスタンダードとなりつつあります。
一方で、すべての工務店やメーカーがZEHに対応している訳ではありませんので、ZEHに対応している工務店を選ぶことが大切です。

一宮市注文住宅会社3

当サイトで紹介している注文住宅メーカーの中から口コミ評価での評判がいい一宮に対応している一宮市の工務店3社を厳選しました!

Google口コミの評価が5.0中4.0以上の評価を得ている一宮市の施工に対応している注文住宅会社で、施工費用を明記している3社を比較しています。施工価格が安い順に各社の特徴を紹介しているので、注文住宅会社選びの参考にしてみてください。

ZEHが標準装備!家計に優しい省エネ住宅を建てられる!
1,760万円~
標準設備数:12
口コミ評価:4.1(33件)
何年たっても「建ててよかった」と思える家
2,194万円~
標準設備数:10
口コミ評価:4.6(11件)
自分らしさを実現する、色褪せない家づくり
3,600万円~
標準設備数:8
口コミ評価:4.6(5件)

※2021年12月の調査情報を元にしています。
※口コミ評価の()内の数字はGoogle口コミの投稿数です。