公開日: |更新日:

蓄電池を新築時につけるべき?

蓄電池は、電力をためておいて昼間や非常時に使える設備で、今後のZEHの普及を支える重要なファクターでもあります。ここでは、そうした蓄電池のメリットやデメリット、そしてお得な蓄電池設置を含めた注文住宅プランや補助金についても解説しているので、これから蓄電池を導入していきたい人は参考にしてみて下さい。

注文住宅に蓄電池のメリット

電気代が節約できる

蓄電池導入の代表的なメリットとなるのが電気代の節約です。蓄電池を太陽光発電システムと連携させることで、発電した電力をためておいて使うことができます。昼間にためておいた電力を夜間に使うことで、消費電力を賄うことができます。また、太陽光発電システムとの連携がなくても、夜間の料金が安い時間帯にためておいた電力を、昼間に使うことでも電気代を節約できます。

非常用の電力となる

蓄電池にためておいた電力は外部と切り離されているので、災害や事故で停電が起こった際に非常用の電力として使うことができます。停電が長期間に渡ると家電製品も使えなくなるので生活が困難になりますが、蓄電池があれば停電中でも普段と変わらない生活ができるのです。

注文住宅に蓄電池のデメリット

設置のためのスペースが必要

それほど大掛かりな設備ではないものの、蓄電池の導入にはある程度の設置スペースが必要です。そのため、隣家との間に十分なスペースがなかったり、他の設備のせいで十分なスペースが確保できなかったりすると、蓄電池の導入が難しい場合もあります。しかし、最近では限られたスペースでも設置できる壁掛け型の蓄電池も開発されているので、設置を検討してみるのもいいでしょう。

初期費用がかかる

近年では価格は落ち着いてきたものの、まだ蓄電池の価格はそう気軽に導入できる金額ではありません。さらに、導入の際には設置工事費用も必要になるので、初期費用はそれなりの額になるのです。しかし、後述するように各自治体や国が設けている補助金制度や、最初から蓄電池設置を組み込んでいる注文住宅プランもあるので、導入のハードルは下がっていると言えるでしょう。

蓄電池が標準仕様で付いているプランも

住宅メーカーの中には、蓄電池の導入ハードルを下げるために、最初から注文住宅プランの中に蓄電池設置を組み込んでいるところもあります。初期費用0円をうたっているところもあり、既築の住宅に蓄電池を設置するよりもお得に蓄電池が導入できるでしょう。

また、国や各自治体が運営している補助金制度もあります。これらの補助金制度を使用することで、初期費用を抑えつつ蓄電池を導入することができるようになるでしょう。補助金制度の内容や募集期間は制度ごとに異なるので、利用する際には前もって調べておきましょう。

一宮市注文住宅会社3

当サイトで紹介している注文住宅メーカーの中から口コミ評価での評判がいい一宮に対応している一宮市の工務店3社を厳選しました!

Google口コミの評価が5.0中4.0以上の評価を得ている一宮市の施工に対応している注文住宅会社で、施工費用を明記している3社を比較しています。施工価格が安い順に各社の特徴を紹介しているので、注文住宅会社選びの参考にしてみてください。

ZEHが標準装備!家計に優しい省エネ住宅を建てられる!
1,760万円~
標準設備数:12
口コミ評価:4.1(33件)
何年たっても「建ててよかった」と思える家
2,194万円~
標準設備数:10
口コミ評価:4.6(11件)
自分らしさを実現する、色褪せない家づくり
3,600万円~
標準設備数:8
口コミ評価:4.6(5件)

※2021年12月の調査情報を元にしています。
※口コミ評価の()内の数字はGoogle口コミの投稿数です。