一宮市の注文住宅ガイド|ICHINOMIYA-HOUSE » 一宮市で受けられる住宅補助金
  

一宮市で受けられる住宅補助金

注文住宅を建てる際、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。しかし、住宅補助金制度を受けていれば、住宅ローンの負担を軽減できます。条件さえクリアしていれば補助金を利用できるため、一宮市や愛知県で受けられる住宅補助金の内容や条件などをチェックしておきましょう。

一宮市で受けられる住宅補助金

住宅用地球温暖化対策設備設置補助金

住宅用地球温暖化対策設備設置補助金は、住宅用の地球温暖化対策設備を購入・設置した人に対し、かかった費用の一部を市の予算の範囲内で補助する制度です。これにより、温室効果ガスの排出の抑制や地球温暖化防止などを目的としています。

補助金対象設備と補助金額は以下の通りです。

  • 住宅用太陽光発電システム:18,000円/kw(上限72,000円)
  • 家庭用燃料電池コージェネレーションシステム:60,000円(定額)
  • 電気自動車等充給電設備(V2H):50,000円(定額)
  • 定置用リチウムイオン蓄電システム:50,000円(定額)
  • 家庭用エネルギー管理システム(HEMS):10,000円(定額)

なお、住宅用の太陽光発電システムは、家庭用エネルギー管理システム(HEMS)と定置用リチウムイオン蓄電システムまたは電気自動車等充給電設備(V2H)の同時設置が必須となります。

愛知県で受けられる住宅補助金

すまい給付金

すまい給付金は、収入が一定金額を下回る住宅取得者を対象とした補助金制度です。収入金額の目安は775万円以下で、消費税の引き上げによる住宅取得者の金銭的負担を緩和するのを目的としています。この補助金制度は住まいの要件以外にも対象者が決められているため、条件を満たしているかどうかをしっかりと確認しなければなりません。

また、給付金の申請は持分保持者がそれぞれ行う必要があるため、不動産登記上の持分保有者が1つの住まいに複数人いる場合は、各自申請を行います。なお、住宅に居住した後にも申請可能です。申請方法は、給付金申請窓口への持参もしくはすまい給付金窓口への郵送の2通りとなっています。

あいち認証材CO2貯蔵量認定制度

あいち認証材CO2貯蔵量認定制度は、あいち認定材を使った住まいにおけるCO2貯蔵量を証明し、認定書の交付を行うことで、県民の環境貢献度を見える化し、あいち認証材の普及啓発ならびに利用拡大を目的としています。

民間の金融機関では、あいち認証材利用における住宅ローンの金利優遇制度を実施しているでしょう。

地域型住宅グリーン化事業

地域型住宅グリーン化事業は、地域事業を採択する工務店において、ZEHや長寿命などの省エネ性に長けた木造住宅を新築もしくはリフォームする際に受けられる補助金制度です。条件を満たすことで、新築の場合は1棟あたり最大100~140万円の補助金を受け取れます。また、3世代同居や地域材過半利用といった要件をクリアすれば、さらに補助額が加算されるのがポイントです。

ZEH支援

ZEH支援とは、省エネ性能が非常に高く、住まいの消費エネルギーの収支をゼロもしくはゼロ以下にするZEH住宅を建てる際に補助金を受け取れる制度です。この制度にはZEH支援事業・ZEH+実証事業・ZEH+R強化事業といった3種類の補助金があります。それぞれ条件が異なり、条件を満たすことでZEH支援は70万円/戸、ZEH+実証事業は115万円/戸、ZEH+R強化事業は125万円/戸の補助金を受け取ることが可能です。

エネファーム設置補助

エネファーム設置補助は、家庭用燃料電池システムであるエネファームを設置する住宅に支給される補助金で、最大約8万円を受け取れます。難しい省エネ計算などの必要が無く、指定されたシステムを設置・使用するだけで補助金を受け取れるため、エネファームの設置を考えている人はぜひ利用してみてください。

住宅補助金を受けるための条件とは

住宅用地球温暖化対策設備設置補助金

住宅用地球温暖化対策設備設置補助金の対象者は、住宅居住者本人または居住予定となる市内の住宅に補助対象設備を設置する人です。また、市内において自らが居住するために、建売住宅供給者より補助対象設備付き新築住宅を購入する人も対象となります。

これらのどちらかに該当する人で、実績報告時に補助対象設備を設置した住まいに住民基本台帳の登録があることが必須条件です。なお、各補助対象設備に対しての補助金の交付は、1世帯あたり1回限りとなっています。

すまい給付金

すまい給付金の対象者は、まず収入額の目安が775万円を下回ることが条件です。これに加えて、新築住宅の場合であれば床面積が50㎡以上かつ一定以上の住宅性能であることを保証する第三者機関の検査を受ける必要があります。

なお、この制度は2021年12月までに入居が完了した住まいを対象に実施されるので、利用する場合はスケジュールに注意しなければなりません。

あいち認証材CO2貯蔵量認定制度

あいち認証材CO2貯蔵量認定制度の利用条件は、愛知県の住宅において構造や内外装にあいち認証材を使用していることです。申請者は建築主、建築士、工務店となっており、申請時には認定申請書の他に木材使用量計算書や出荷伝票の写しが必要となるため、利用する際はあらかじめ注文住宅会社にその旨を伝えておくと良いでしょう。

地域型住宅グリーン化事業

新築・購入・改修の全てにおいて、省エネ性能に優れている木造住宅が条件となります。具体的な補助対象は以下の通りです。

  • 長寿命型:長期優良住宅
  • 高度省エネ型」性能向上計画認定住宅または認定低炭素住宅
  • ゼロ・エネルギー型:ZEH住宅
  • 主要構造部が木造の住宅

地域型住宅グリーン化事業の条件は毎年変更がありますので、利用を検討している人は事前に詳細を確認しておくと良いでしょう。

ZEH支援

ZEH支援は、3段階のうちどの制度を利用するかで条件が異なります

ZEH支援事業

ZEH住宅を新築・購入・改修する人で、ZEHロードマップにおける定義を満たしているのが条件です。

ZEH+実証事業

ZEH支援事業の条件をクリアしており、25%以上の1次エネルギー消費量をカットしたうえで、以下の項目のうち2つを満たす必要があります。

  • さらなる高断熱
  • 高度エネルギーマネージメント
  • 電気自動車充電設備

ZEH+R強化事業

ZEH+実証事業の条件を満たしたうえで、停電時の電源確保と太陽熱利用システムもしくは蓄電システムの導入を行った住宅が対象です。

エネファーム設置補助

エネファーム設置補助は、日本国内に在住しており、自分で補助対象経費を支払うことが条件です。など、システム導入において他の国庫補助金の利用をしておらず、今後利用の予定がないことも条件となっています。さらに、補助事業完了日より6年以上継続して使用しなければなりません。

住宅ローンや補助金の相談にも乗ってくれる工務店を選ぶのがオススメ

ここまで様々な住宅補助金の内容や条件を紹介してきましたが、どれも給付金を受け取る条件が複雑ですし、申請書の作成にも時間や手間がかかってしまうでしょう。そのため、注文住宅を建てる際は、住宅ローンや補助金の相談にも乗ってくれる工務店を選ぶのがオススメです。

実績豊富な工務店は家づくりだけでなく住宅ローンや補助金についての知識も豊富なので、安心して任せることができます。

一宮市注文住宅会社3

当サイトで紹介している注文住宅メーカーの中から標準設備が充実しつつ低価格を実現している一宮市の工務店3社を厳選しました!

標準設備が多い=自由な依頼をしても別途費用がかからない可能性が高いといえます。ですので当サイトではできる限り安く、できる限り予算内で希望に沿った注文住宅を建てられるように標準設備の数で比較しています。是非参考にしてください。
※2019年4月の調査情報を元にしています。

ZEHが標準装備!家計に優しい省エネ住宅を建てられる!
1,760万円~
標準設備数:12/14
バリアフリー住宅をコミコミ価格で建てられる!
1,468万円~
標準設備数:10/14
自然素材にとことんこだわった家が建てられる!
1,665万円~
標準設備数:8/14