一宮市の住みやすさ

愛知県一宮市の住みやすさについて調査してみました。

一宮市の住みやすさは?

愛知県の北西部に位置する一宮市。総合繊維産業の街としても知られていて、史跡や名所なども多く残っている場所です。

名古屋鉄道やJR線が乗り入れていて、名古屋駅まで20分ほどで行くことができます。市内には名鉄バスのほか、千秋町コース、大和町・萩原町コースを走る「i-バス」などもあります。

主要幹線道路も整備されているので、車での移動も便利です。

一宮市の人気スポットは、尾張を代表する神社の真清田神社、高さ138mのツインアーチ138がある国営木曽三川公園

治安の面では、少し郊外の方になると、夜道が暗く、出歩いている人も少ないようですが、比較的治安がよく、安心して住める街だといえます。

一宮市に住んでいる人の口コミをチェック

住みやすいと感じている人の口コミ

車がなくても暮らしやすい

駅周辺に住んでいなくても、名鉄バスが市内各方面から一宮駅に向けて走っている。一宮の市バスもあるので、車がない人も暮らしやすいと思う。

一番大きな公園は子供も大人も楽しめます

市内で一番大きな公園。遊具やアスレチックもあり子供も楽しめるけれど、季節の花や散歩道もあり、大人も飽きずに楽しめる。駐車場も無料で広々としているので、安心して出掛けられます。

子育て世代に住みやすい街

一宮市は子育て支援制度が充実しており公立保育園の数、子育て支援センターの設備など非常に子育て世代には住みやすい街となっています。保育園では食育に力も入れており安心して食べられる給食や手作りおやつなど子供に優しい町です。

引用元:スマイティより

住みやすいと感じていない人の口コミ

行きたいと思える場所が少ない

なんか特に行きたいと思うような場所がないように感じられる。 一宮タワーも正直言ってあまり来たいと思うような場所ではないんじゃないのかと感じる。

おしゃれなお店が少ない

名古屋に比べると田舎ではあるので、若者向けのおしゃれなお店や飲食店は少ないと思います。また、車がないと生活しづらいです。

夜まで働く人には買い物が不便かも

家電製品や衣服を購入できる店舗が周囲にない。また、自家用車前提の文化になっているため、交通の弁が悪い。やはり郊外であるため夜まで働くような人間にとっては買い物もできず不便。

引用元:スマイティより

一宮市の土地相場

一宮市の平均土地価格は1平方メートルあたり90,222円、坪単価は、1坪298,254円となっています。

一宮市の中でももっとも高いのが、尾張一宮、名鉄一宮エリアで、1平方メートルあたり141,676円、次いで観音寺エリアが110,500円となっています。もっとも低価格なのが萩原エリアで1平方メートルあたり42,650円です。

一宮市の子育て情報

一宮市は、子育ての街として力を入れています。そのため、小さな子どもと利用できる子育て支援センター、赤ちゃん連れから高校生まで、幅広い世代が利用できる児童館、赤ちゃんとのお出かけの際に授乳やおむつ換えができる赤ちゃんの駅などの施設が多数、設置されています。

\コスパ良し/一宮市注文住宅会社3

標準設備が充実しつつ低価格を実現している、コスパに優れた一宮市の工務店3社を厳選しました!

標準設備が多い=自由な依頼をしても別途費用がかからない可能性が高いといえます。ですので当サイトではできる限り安く、できる限り予算内で希望に沿った注文住宅を建てられるように標準設備の数で比較しています。是非参考にしてください。

1,445万円~
標準設備数:12/14
1,468万円~
標準設備数:10/14
1,665万円~
標準設備数:8/14