一宮市の土地相場

一宮市の土地の相場について調べています。

一宮市でもっとも土地の相場が高いエリアとは

愛知県一宮市の2019年の公示地価の平均は、1平方メートルあたり90,222円、坪単価は、1坪298,254円です。前年からは+1.41%の変動率になっています。

人気エリアは「尾張一宮」「名鉄一宮」エリア

一宮でもっとも人気が高いのは、尾張一宮、名鉄一宮エリアで、地価の平均は1平方メートルあたり141,676円、坪単価の平均は1坪あたり468,351円です。

次いで、観音寺エリアで、地価の平均は1平方メートルあたり110,500円、坪単価の平均は1坪あたり365,289円、3位は西一宮エリアで、地価の平均は1平方メートルあたり103,600円、坪単価の平均は1坪あたり342,479円となっています。

地価が低いのは「萩原エリア」

反対に、もっとも地価平均が低いのが萩原エリア。地価の平均は1平方メートルあたり42,650円、坪単価の平均は1坪あたり140,991円となっています。

参照サイト:「土地代データ」https://tochidai.info/aichi/ichinomiya/

中学校や小学校の学区から土地を探す

子どもがいる家庭の場合、小学校や中学校の学区も調べておく必要があります。

一般的に、公立の小・中学校では、住んでいる場所によって、通学する学校は決められています。公立の学校でも、人気のある学校、ない学校があります。人気のある学校はやはり、それなりの魅力があることが多いです。子どもがいる家庭では、注文住宅を建てるための土地を探す場合、学区から探すというのもひとつの方法です。

尾張一宮駅、名鉄一宮駅、西一宮駅の西側にある小学校

まずは、市内の中心エリアでもある尾張一宮駅、名鉄一宮駅、西一宮駅の西側。ここには、中部中学校があり、中部中学校に通うことになるのは、神山小学校、末広小学校の生徒です。

このエリアは、名古屋鉄道やJRの駅へのアクセスもよく、ホームセンターやスーパー、ディスカウントショップ、ドラッグストアなどもたくさんあるので、買い物にも行きやすく、生活しやすいエリアといえそうです。

尾張一宮駅、西一宮駅の北東側にある小学校

尾張一宮駅や西一宮駅の北東側には、北部中学校があります。北部中学校には、宮西小学校、貴船小学校、富士小学校の生徒が通います。

この学区内には広い敷地の公園や市民病院があり、個人病院なども多いので、ファミリー層にもおすすめです。

尾張一宮駅東側にある小学校

尾張一宮駅の東側には、南部中学校があります。南部中学校には、大志小学校、向山小学校、浅野小学校、富士小学校の生徒が通います。

一宮市の中心部からは少し離れているので、住宅も多く、駅前などのような喧騒もないので、静かに生活できるエリアだといえます。国道沿いには飲食店やショップなどもたくさんあります。

\コスパ良し/一宮市注文住宅会社3

標準設備が充実しつつ低価格を実現している、コスパに優れた一宮市の工務店3社を厳選しました!

標準設備が多い=自由な依頼をしても別途費用がかからない可能性が高いといえます。ですので当サイトではできる限り安く、できる限り予算内で希望に沿った注文住宅を建てられるように標準設備の数で比較しています。是非参考にしてください。

1,445万円~
標準設備数:12/14
1,468万円~
標準設備数:10/14
1,665万円~
標準設備数:8/14