一宮市の注文住宅ガイド|ICHINOMIYA-HOUSE » 一宮市で注文住宅を建てるときの基礎知識
  

一宮市で注文住宅を建てるときの基礎知識

注文住宅は、理想とする家づくりができます。間取りの自由度はもちろん、キッチンや水回りなど、メーカーを自分の好みに指定できるのも魅力的でしょう。注文住宅を検討する前に、知っておきたい情報をまとめました。

注文住宅で失敗を避ける方法

家づくりは、一生に一度の大きな買い物です。できることなら、失敗や後悔はしたくない人がほとんどでしょう。注文住宅で失敗しないために、実際に家を建てた人が失敗したと感じたことをチェックすると◎!間取りや家事導線は、それぞれのライフスタイルがあるためイメージしやすいかもしれません。しかし、収納の数やコンセントの位置は、実際に暮らしてみないとわかりにくい情報です。

  • どの部分にコンセントがあると、どんなときに便利だと思ったのか
  • 収納を多くするのはわかるけれど、何の収納を多くとるべきなのか
  • 水回りの位置は何を基準に決めるといいのか

など、イメージしにくい部分の情報収集してみましょう。

注文住宅ができるまでの流れ

注文住宅ができるまでは、工務店やハウスメーカーなどで多少の違いはあるものの、以下のフローで進みます。

  • 注文住宅を建てる場所や予算を決める
  • 土地を探しながら、家を建てる会社を決める
  • 住宅ローンの検討や事前審査をする
  • 家の間取りやプランを作成する
  • 建築費用の見積もりを出し、施工会社を決める
  • 工事や土地の契約をする
  • ローンの申し込みをし、着工スタート
  • 完成&引き渡し

土地を探してから施工会社を決めるというよりも、同時進行しながら決めるパターンが多いでしょう。建築会社に土地を探してもらう人もいます。家を建てる場所や土地が決まらなければ、間取りも作れません。”自分たちだけで本当にできるのかな…?”と不安になる人も多いでしょう。丁寧に説明してくれるだけでなく、アフターフォローも充実している施工会社を選ぶと、わくわくしながら楽しいく注文住宅づくりができます。

注文住宅でかかる税金

注文住宅に限らず、家を建てる際には税金が発生します。家を取得したときに1回だけ発生するタイプと、家を持ち続けている間は、ずっと発生するタイプの2種類です。

  • 印紙税、登録免許税、不動産取得税:土地や住宅を取得したときのみ支払う
  • 固定資産税、都市計画税:毎年支払いをする

固定資産税と都市計画税は新築後数年間、軽減措置が受けられます。通常3年間の減税措置ですが、長期優良住宅を取得した場合、5年間に延びます。建築時に長期優良住宅で建設できるか?検討してみましょう。固定資産評価額は3年ごとに見直され、築年数が経過するほど評価額は下がります。

注文住宅の保険

注文住宅に限らず、家を建てる際は火災保険や地震保険に加入します。最近の火災保険は、家の家財・床・壁紙などが損傷したときにの修理も可能です。”火事でないと保証されない”と思っている人もいるのではないでしょうか?保険加入時は、保証内容も詳しくチェックしましょう。またローンを組む時は、団信保険も忘れずに加入すると◎!万が一のことがあったときに、ローンの返済義務がなくなる保険です。ライフスタイルや家族構成、年齢に合わせて、保証内容を検討してみましょう。

注文住宅の工法

注文住宅を請け負ってくれる建築会社にもよりますが、一般的には木造や鉄骨が主流と言われています。木造でも軸組工法や木造枠工法(2×4)など、工事の種類はたくさんあります。対応できるハウスメーカーにもよりますが、コンクリートやプレハブ工法といった、少し特殊な方法で注文住宅を建てられるところも。家を建てる地域の気候や気密性、耐久性によっておすすめ工法に違いがあるため、何を重視して家を建てるのか?を考えてみましょう。また工法によっては、建築期間が大幅に変動します。予算や家づくりの理想だけでなく、全体のスケジュールを見通して考えてみましょう。

注文住宅の耐震性

地震に強い家づくりをするためには、建築会社がどのような技術を取り入れているのか?をチェックします。特に注文住宅は、自由度の高さが強みです。直下型地震に強い家づくりをするのか?横揺れ、縦揺れなど揺れの種類によって耐震性能に違いがあります。揺れをキャッチして抑えるタイプか、揺れを分散させてダメージを軽減するタイプにするのか?などを考えてみましょう。

一宮市注文住宅会社3

当サイトで紹介している注文住宅メーカーの中から標準設備が充実しつつ低価格を実現している一宮市の工務店3社を厳選しました!

標準設備が多い=自由な依頼をしても別途費用がかからない可能性が高いといえます。ですので当サイトではできる限り安く、できる限り予算内で希望に沿った注文住宅を建てられるように標準設備の数で比較しています。是非参考にしてください。
※2019年4月の調査情報を元にしています。

ZEHが標準装備!家計に優しい省エネ住宅を建てられる!
1,445万円~
標準設備数:12/14
バリアフリー住宅をコミコミ価格で建てられる!
1,468万円~
標準設備数:10/14
自然素材にとことんこだわった家が建てられる!
1,665万円~
標準設備数:8/14