【ICHINOMIYA-HOUSE】 家づくりのパートナーが見つかる! 一宮市の注文住宅ガイド
【ICHINOMIYA-HOUSE】 家づくりのパートナーが見つかる! 一宮市の注文住宅ガイド » 一宮市で注文住宅を建てるときの基礎知識

一宮市で注文住宅を建てるときの基礎知識

注文住宅は、理想とする家づくりができます。間取りの自由度はもちろん、キッチンや水回りなど、メーカーを自分の好みに指定できるのも魅力的でしょう。注文住宅を検討する前に、知っておきたい情報をまとめました。

注文住宅は工務店・設計事務所とハウスメーカーどちらで建てる?

注文住宅を建てる際に悩むのが、地域の工務店や設計事務所と大手ハウスメーカー、どちらに建ててもらおうか、ということだと思います。このページでは、注文住宅を建てる際の工務店とハウスメーカーの違いやそれぞれのメリット・デメリット、選ぶ際のポイントについて紹介しています。

工務店・設計事務所と大手ハウスメーカーの違い
について詳しく見る

注文住宅ができるまでの流れ

注文住宅ができるまでは、工務店やハウスメーカーなどで多少の違いはあるものの、以下のフローで進みます。

土地を探してから施工会社を決めるというよりも、同時進行しながら決めるパターンが多いでしょう。建築会社に土地を探してもらう人もいます。家を建てる場所や土地が決まらなければ、間取りも作れません。”自分たちだけで本当にできるのかな…?”と不安になる人も多いでしょう。丁寧に説明してくれるだけでなく、アフターフォローも充実している施工会社を選ぶと、わくわくしながら楽しく注文住宅づくりができます。

注文住宅を建てる際の流れ
について詳しく見る

注文住宅のフルオーダーとセミオーダーの違い

注文住宅のオーダーの仕方には、大きく分けてフルオーダー・セミオーダーの2種類があります。 フルオーダー住宅とセミオーダー住宅それぞれのメリットやデメリット、フルオーダー住宅がおすすめのケース、セミオーダー住宅がおすすめのケースについて紹介しています。

注文住宅のフルオーダーとセミオーダーの違い
について詳しく見る

注文住宅の素材

自然素材とは、無垢材や珪藻土など自然由来で体にも環境にも優しい素材のことです。家づくりで使われる化学素材による「シックハウス症候群」の心配や、アレルギー体質が不安だという方にとって、自然素材を取り入れることでリスク軽減が望めます。また、経年とともに質感が変わるので家を「育てる」という楽しみもあります。

注文住宅の素材(床材や壁材)
について詳しく見る

注文住宅の工法

注文住宅を請け負ってくれる建築会社にもよりますが、一般的には木造や鉄骨が主流と言われています。木造でも軸組工法や木造枠工法(2×4)など、工事の種類はたくさんあります。対応できるハウスメーカーにもよりますが、コンクリートやプレハブ工法といった、少し特殊な方法で注文住宅を建てられるところも。家を建てる地域の気候や気密性、耐久性によっておすすめ工法に違いがあるため、何を重視して家を建てるのか?を考えてみましょう。また工法によっては、建築期間が大幅に変動します。予算や家づくりの理想だけでなく、全体のスケジュールを見通して考えてみましょう。

注文住宅の工法の種類
について詳しく見る

注文住宅の気密性・断熱性

高気密・高断熱住宅と聞くと「省エネであたたかそう」というイメージはありませんか?外気温に左右されることなく家の温度を保てるのが、高気密・高断熱住宅です。
メリットだらけのように感じる高気密・高断熱住宅ですが、もちろんデメリットもあります。この記事では、高気密・高断熱住宅のメリットとデメリットを紹介します。

注文住宅の気密性・断熱性
について詳しく見る

注文住宅の耐震性

地震に強い家づくりをするためには、建築会社がどのような技術を取り入れているのか?をチェックします。特に注文住宅は、自由度の高さが強みです。直下型地震に強い家づくりをするのか?横揺れ、縦揺れなど揺れの種類によって耐震性能に違いがあります。揺れをキャッチして抑えるタイプか、揺れを分散させてダメージを軽減するタイプにするのか?などを考えてみましょう。

耐震性はなぜ等級3を選ぶべきなのか
について詳しく見る

水害対策

最近、自然災害の中でも、とりたてて異常気象による浸水や土砂災害のニュースを多く目にするようになりました。
一宮市は一級河川である木曽川が近くに流れ、比較的低い土地が多いことから、水害対策を考慮した家づくりも重要になっています。 具体的にどのような対策ができるのか、いくつか例を紹介します。

一宮市で家を建てる場合の浸水などの水害対策
について詳しく見る

ZEHとは?注文住宅のスタンダードについて

注文住宅でも省エネを取り入れたいと考えている人が増えています。そこで候補となるのがZEHです。ここでは注文住宅のスタンダードとなりつつある「ZEH」について、メリットやほかの住宅との違いをまとめています。

ZEH住宅のメリットや特徴
について詳しく見る

オール電化と蓄電池

暖房や給湯システムなど、住宅内のすべての設備のエネルギーを電気で賄えるようにしている住宅がオール電化住宅です。オール電化住宅には、電気料金を安く抑えられる、火災のリスクを抑えられるといったメリトットがあります。反面、日中の電気料金がかえって高くなる、初期費用が高いといったデメリットもあるので、よく検討してから導入しましょう。

オール電化住宅のメリット・デメリットと蓄電池
ついて詳しく見る

注文住宅でかかる税金

注文住宅に限らず、家を建てる際には税金が発生します。家を取得したときに1回だけ発生するタイプと、家を持ち続けている間は、ずっと発生するタイプの2種類です。

固定資産税と都市計画税は新築後数年間、軽減措置が受けられます。通常3年間の減税措置ですが、長期優良住宅を取得した場合、5年間に延びます。建築時に長期優良住宅で建設できるか?検討してみましょう。固定資産評価額は3年ごとに見直され、築年数が経過するほど評価額は下がります。

注文住宅の保険

注文住宅に限らず、家を建てる際は火災保険や地震保険に加入します。最近の火災保険は、家の家財・床・壁紙などが損傷したときの修理も可能です。”火事でないと保証されない”と思っている人もいるのではないでしょうか?保険加入時は、保証内容も詳しくチェックしましょう。またローンを組む時は、団信保険も忘れずに加入すると◎!万が一のことがあったときに、ローンの返済義務がなくなる保険です。ライフスタイルや家族構成、年齢に合わせて、保証内容を検討してみましょう。

住宅を購入後に加入する保険
について詳しく見る

注文住宅で失敗を避ける方法

家づくりは、一生に一度の大きな買い物です。できることなら、失敗や後悔はしたくない人がほとんどでしょう。注文住宅で失敗しないために、実際に家を建てた人が失敗したと感じたことをチェックすると◎!間取りや家事導線は、それぞれのライフスタイルがあるためイメージしやすいかもしれません。しかし、収納の数やコンセントの位置は、実際に暮らしてみないとわかりにくい情報です。

など、イメージしにくい部分の情報収集をしてみましょう。

注文住宅づくりでの失敗しないポイント
について詳しく見る

一宮市の注文住宅
こんな家づくりに
ピッタリなパートナー
一生に一度の注文住宅だからこそ、こだわりをカタチにしたい!
デザインや細部に
とことんこだわった

家を建てたい
グランハウス
3人の設計士とアイディアを尽くした
自分好みの家づくりができる
グランハウスの公式HP
(引用元)グランハウス公式サイト(https://granhouse.co.jp/)

依頼者と同世代の異なる特徴を持った設計士3人がチームとなり対応。予算を最大限に生かすべくアイディアを出し合い、依頼主と二人三脚で、デザイン・機能・動線・造作など細部に渡って自分たち好みの家づくりができます。

価格
目安
約57万円~/坪
所在地
愛知県一宮市大和町毛受一本松29
天然木や漆喰など
自然素材にこだわった

家を建てたい
エコ建築考房
見えない部分もすべて
国産天然素材で家づくりができる
エコ建築考房の公式HP
(引用元)エコ建築考房公式サイト(https://ecoken.co.jp/)

美濃ヒノキや長良スギなど地元産の木材をはじめ、珪藻土、漆喰などの壁材、目に見えない断熱材に対しても羊毛などの天然素材を使用。徹底した自然素材による家づくりを専門としています。

価格
目安
約70万円~/坪
所在地
愛知県一宮市九品町4-22
ZEHなどエコや
省エネ性能にこだわった

家を建てたい
ニッケンホーム
ZEHを標準装備させた
エコな家づくりができる
ニッケンホームの公式HP
(引用元)ニッケンホーム公式サイト(https://www.nikkenhomes.co.jp/)

ゼロエネ住宅「ZEH」が標準装備、夏は涼しく、冬は暖かく、一年中快適でお財布にやさしい。「ZEH」の実績が豊富で、国の建築物省エネルギー性能表示制度「BELS」から6つ星を獲得しています。

価格
目安
約55万円~/坪
所在地
愛知県一宮市富士4-1-4

【選定基準】
「一宮市 注文住宅」でGoogle検索(2022年6月25日時点)、上位に表示される工務店・注文住宅会社・設計事務所と一宮市において検索需要の多い工務店・注文住宅会社・設計事務所から、各ニーズに合わせ、以下の会社を紹介しています。
①グランハウス…依頼者に設計士が3人付き、最初から最後まで相談して建てられる会社
②エコ建築考房…国産自然素材を使用している会社のうち、断熱材も自然素材にこだわっている会社
③ニッケンホーム…ZEHを標準仕様している中で低価格の会社
※価格目安の算出方法…3社の公式サイト・公式ブログに掲載されている複数の施工事例の本体価格(すべて税不明)を建坪で割り、愛知県の建坪平均35坪に換算。各社の加減価格を記載しています。