注文住宅の工法の種類

家を建てる際の工法には、さまざまな種類があります。今回は、主な工法についてその特徴やメリット・デメリットを紹介していきます。

木造軸組工法

在来工法とも呼ばれる、日本に昔から伝わる伝統的な工法です。すべて木で作られるため、日本の風土によく合う日本らしいデザインの家になります。

木の柱と梁で骨組み作り筋交いを斜めに入れて補強するのが特徴です。

使用されるのが木材ということで火災に弱いイメージがありますが、最近では柱や梁の太い木は燃え尽きるまで時間がかかるため長時間強度を保つことから耐火性能が見直されてきています。

木造軸組工法のメリット

設計やデザインの自由度が高い

外壁や屋根の形状など設計の適用力が高く、狭小・変形敷地にも対応できます。

施工可能業者が多い

伝統的な工法となるため、取り扱う施工業者が多く、幅広い選択肢の中から希望する施工業者を選べるのもメリットです。

木造軸組工法のデメリット

湿気やシロアリによる被害がある

自然素材であるため、湿気により床下や屋根裏が腐朽する、シロアリによる被害が出ることがあります。

個人の技術に差が出る

最近では接合部を金物で補強するなどで品質の差は解消されてきていますが、他の工法と比較して職人個人の技術力によって品質が左右されてしまいます。施工業者の選び方が重要です。

鉄筋コンクリート(RC)造

鉄筋を骨組みとして型枠をはめてコンクリートを流し、柱・梁・壁・床などの躯体を作る工法です。

引っ張る力が強く押す力(圧縮力)に弱い鉄筋と、押す力に強いが引っ張る力に弱いコンクリートを組み合わせることで、弱点を補い強固な住宅になります。

鉄筋コンクリート(RC)造のメリット

地震に強い

地震で伸び縮みする建物を鉄筋が支え、縦への負荷はコンクリートの圧縮力が支えることで強固な構造となるため、地震に強い構造となっています。

遮音性が高い

気密性が高い鉄筋コンクリート住宅は、木造住宅に比べて高い遮音性があります。

鉄筋コンクリート(RC)造のデメリット

熱を通しやすく内側にためやすい

コンクリートの特性上、夏は暑く冬は寒くなってしまいます。鉄筋コンクリート造を選ぶときは、外断熱を考えましょう。

コストが高い

鉄筋コンクリート造は工期が長くかかるため、コストが高くなってしまいます。また、施工が天候に左右されてしまうこと、解体時の費用も高くなることもデメリットになるでしょう。

木質系プレハブ工法

工場で生産した木質系パネルを現場で組み立てて住宅を作る方法です。木質系パネルにはあらかじめ断熱材や下地材などがセットされており、パネルの組み立てには接着剤や釘を使います。

木質系プレハブ工法のメリット

品質が安定している

耐火性や断熱性など一定の基準をクリアしたパネルを工場で生産するため、個人の技術力に影響せず安定した品質の家が建てられます。

工期が短い

パネルを組み立てて作るため、完成までの時間が短い特徴があります。

木質系プレハブ工法のデメリット

デザインや間取りが限られている

パッケージ化されている中から選択することが多く、デザインや間取りは限定されてしまいます。

土地によって施工できない場合がある

工場で生産した部材を現場に運ぶため、大型車両が通れない場所などは施工できない場合があります。

一宮市注文住宅会社3

当サイトで紹介している注文住宅メーカーの中から標準設備が充実しつつ低価格を実現している一宮市の工務店3社を厳選しました!

標準設備が多い=自由な依頼をしても別途費用がかからない可能性が高いといえます。ですので当サイトではできる限り安く、できる限り予算内で希望に沿った注文住宅を建てられるように標準設備の数で比較しています。是非参考にしてください。
※2019年4月の調査情報を元にしています。

ZEHが標準装備!家計に優しい省エネ住宅を建てられる!
1,760万円~
標準設備数:12/14
バリアフリー住宅をコミコミ価格で建てられる!
1,468万円~
標準設備数:10/14
自然素材にとことんこだわった家が建てられる!
1,665万円~
標準設備数:8/14